プログラフとのお付き合い

7月31日に訪タイを変更した。今のところタイ動乱も燻ってはいる物のさすがに赤シャツ隊の人達の生活の保障にも限度が出てきているようで多くの人達は田舎に戻ったらしい。現首相の不信任案も否決されて、ひとまずの決着をみたとの見解もあるだろうが…暑い国の人達は心も熱くなり易い?のでまだまだ油断は禁物である。

友人ジニーの勤め先のシーロムコンプレックス(デモ隊の激戦が繰り広げられたシーロム、サラデン駅近く)は依然としてクローズの状態らしい

気になるのが桜道場(スクンウィット33.5)とその近辺にすんでいらっしゃる道場生の先輩方である。真千代老師の話ではさすがに戦火と化した時には道場は2日ほど閉めたが、それ以降は動乱ものともせずひたすら練功を重ねていたと言うまさに ダイナマイト集団 つわものども達ばかり あっぱれ 桜道場
早く太極拳を皆と打ちたいし、なによりも真千代老師に自習練で偏っている私の太極拳を直していただきたい気持でいっぱいなのだが…

プログラフと言う免疫抑制剤を慢性の全身性エリテマトーデスに適応すると言う昨今のコンベンショナルな治療を受けて一ヶ月満了。 この新薬とのお付き合いの仕方がまだわからない状態で居る。
やっとステロイド維持量隔日投与でメドロール8ミリ 0ミリを何年間も続けてきている私だが、確か2004年にはもうすでに今の数値のような低補体
いつも再発の恐怖と隣り合わせのような時間を過ごしていたのだがプログラフ(生物製剤)を採って一ヶ月後の検査結果はみごとに改善されていた。
しかし…
副作用の嵐
初めてプログラフを飲んだその瞬間から唇の痺れ 手先足先の熱感が始まり、2週間を過ぎたあたりから易感染で上気道炎や胃腸の不具合、今までステロイドを飲み続けながらもこの薬の付き合いにも慣れ、高いQOLを維持できていただけに今の至る所の不調さ加減には戸惑いが生まれてくる。

まっ もとの病気でこけることは死につながることだし、病気の改善につながる一筋の光ある方目指して迷わず突き進むまでである。

ウイルスに犯されている自分の体と対峙しながらの毎日は精神的に凹む事が多々あるが…

生きているだけで十分と思ってくれる親がいる
一人静かに太極拳を打っている私である。
画像

我が家の老梅、今年も大きな実をつけて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

meg
2010年06月04日 16:16
新しい命とご対面できるまであと少し。みんなでたくさんのエネルギーをもらいましょう!!
NON
2010年06月04日 22:30
すでに生き生き若夫婦+ルイ君ダッシュパワーで気がこちらに沢山飛んできていますよ~この最強軍団に新しい命 グランマあなたたちに感謝パワー送ります☆ホイ

この記事へのトラックバック