痛みと言う体の悲鳴

15日に中度の肉離れ(肉離れとは、筋肉の痙攣(けいれん)を引き起こす筋肉周辺の膜が損傷すること、筋肉組織の一部が破損したり、断裂することをいい、ふともも、ふくらはぎなどの足や上腕、肘などの腕によく起こる症状です。一番軽い症状を1度と表現し、その場合はRICEすべてを行うのではなく、軽く圧迫するくらいが適当です。歩行も困難な中度(2度)の場合は、1~2週間RICE処置を継続する必要があり、歩行が不可能に近い重度(3度)の場合は、肉離れを起こした直後にRICEを施し、すぐに病院に行く必要があります。)をして今日が26日、当初は1週間のRICE(RICEとは、応急処置、簡易治療法として有効な4つの処置法の頭文字をとったもので、Rest(安静)、Ice(氷冷)、Compression(圧迫)、Elevation(高挙)を表しています。)
という方法で乗り切り、その後は徐々にリハビリへとスムーズな移行を目指していたのだが…
11日経った今でも痛い 特に寝返りをうつ度の脳天を貫く様な痛み、これには閉口だ、隣ですやすや寝ている主人を起こしては悪いとそっと寝返りをうとうと試みるが、その度に涙がにじむ努力とは、この事を言うのかと?違う???
 
道場で真千代老師に見ていただいた所痛みが少しでもおさまるかと包帯でぐるぐる巻きに患部を圧迫した私の足を見て「体が悲鳴を上げているよ」「痛みをごまかしては駄目、痛みを感じてこそ脳が体の回復を指示するのだから」
そして少しPSThttp://pst-centre.com/Default.aspxをしていただき、この間のなんと気持ちの良い事、いつもこんな状態にしばしば陥ったとき自分なりに回復まで納得して根性療法?で治してきたのだが、もしかしたら、一般の整形外科的なコンベンショナルな治療は過去の遺物????

明日とうとうPSTを受けに行ってくる、私はSLEの最後の切り札治療として希望の光の一筋と考えていたのだが、肉離れで早々にお世話になるとは
又施術後 報告しますね

補足
肉離れの原因として考えられるのが、筋力や筋肉の柔軟性の低下、ウォーミングアップ不足があげられます。運動前にそれらを改善し、しっかりとストレッチを行うことで、肉離れの予防にもつながります。運動中に十分な水分補給を行うことで、筋肉の収縮性があがり、運動時に発生した熱を抑え、氷冷する効果もあるので、十分なストレッチと水分補給をこまめに行うことを心がけましょう。

追記
痛みで体が思うように動けなくなってしまった今の自分の体の方がいつも立つ時に体の中心を感じ、体の身の丈にあった動きしか出来ないのはまさに太極拳でこれがやりたかった事だというのだから皮肉なものである。機能を失った時に知る自分の体の働き 動き これまさに天からの声 ありがとうございますぅぅぅ~
でも 出来るなら痛みだけは早く取り除いてください 気持ちがBLUE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 体の痛み

    Excerpt: 体の痛み ↑ビデオ(約2分)で商品説明をご覧ください。体重40kg以上の方用【送料無料】帝人素材使用エアークイーン シングル マットレス腰の痛み、背中・体の痛み、床ずれ予防、不眠、快眠に体重40.. Weblog: 痛みの雑学 racked: 2010-11-28 23:18