胆嚢炎

桜は開花 花曇り

昨日午後にDr.Tu とDr.Mが見えて、熱は抗生物質で対処が出来ているので、抗癌剤をした後に退院して経過観察というお話を頂いた。
 
先生方が帰られた後に体温は37度2分
夜は悪寒がしてズボン2枚、上着2枚、上着2枚タオルを首に巻いてほとんどGIVE UP状態だった。
朝方気が付いたら途中からアモバンが効いていいるのか苦しんで格闘した姿で果てていた
お腹に違和感も出ているし… 危険
採血 CT
Dr.Mu 採血の結果は、昨日とあまり変わらず
腫瘍熱の仕業だと思っていたが症状がでていたり腹痛、悪寒、タオルを首に巻いてしのぐ
今日はカレーピラフなんだって 熱がこのまま下がってくれたら食べられるんだけど

熱のコントロールって難しいね。
バンコクから帰ってきた主人はやや気難しい主人になっているみたいだ<息子たち曰く
明るく、楽しく、過ごしたいよね、そして一番大切なこと 美味しいもの食べたいよね

CTの結果胆嚢に若干の腫れが見られステントも十二指腸のほうに少し長めに入っているので胆嚢の洗浄とステントの交換の処置をやることに決まった

明日一日半食事なし(TT)
昨日は37度以上が午後まで続いていたけど、今は熱が引いている
食事も美味しく頂き夜の悪寒もなさそうだ
なんだったんだろう昨日の不調は
体はホメオスタシスの神秘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック