桜冷え

2013年の桜は開花は早かったのにもかかわらず咲いてからが気温の低い日が続き
                     桜冷え?
2013年の桜を父と母と私で一緒に見に行くって2012年の12月に誓い、その約束を果たすべく3月25日に東京に向かったのだが、生憎の雨模様 桜冷え

父はあっさりリタイア、ホスピスに居る母を迎えに行き、母、私、主人、K君(私の双子の片割れ)で小金井公園へ。
念願の桜をバックに記念撮影が出来た。

画像


ホスピスにお世話になっている母の心配
「ホスピスって言うところは看護しさんの話では6ヶ月しか居れないんだって」
「6ヶ月過ぎたら他の施設に移らなければいけないのよ…」
そうなんだよね…母は生きようとしている

それに比べて今の私
せっかく私の様々な不具合を修復、改善してくださっている某大学病院のDr,I チームの皆さんの熱いチーム医療にもかかわらず…心身共に凹状態

抗がん剤治療は母の時のような吐き気、末梢神経への攻撃は無いものの、元の体の感覚には戻れず未だに熱は出るし、足は上がらないし…
昨日の午後から急に38度4分の熱が出て、震えるような寒気に襲われ、お布団の中に逆戻り(tt)
胆嚢炎の恐怖が蘇る
胆嚢、胆管に関しては色々な不具合を生じ、色々な処置を繰り返したのでトラウマ

今日は午後から熱もすっきり下がり始動開始
やれやれ まだまだ この病気にかけては新参者

M君 アイスノン有難う 最後にはあなたに頼ってしまうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック