そうなんだ…

10日に抗がん剤治療+診察で病院に行ってきた。
前回撮ったCTの画像の評価はいかほどかと家族(特に何故か主人)不安と期待を反芻しつつ望んだ結果は…

Dr.Ku ”今回の血液検査の結果はバッチリでしたよ。抗がん剤打てますよ”
プリントアウトしてくれた検査結果(合格発表ごとく)うやうやしく頂き、見れば数値に関しては健康な人と同じ

私(何故か私の方から聞かなければDr我関せず状態) ”先生 前回検査したCTの評価などは如何ほどに?”

Dr.” そうですか では… (もそもそとCT画像を何枚か並べる)
  ”膵臓癌は… Yさんの場合は膵頭部で胆管に巻きついているのでCT画像では 良くわからないんですよ”

私  

Dr ” うぅぅ~ん 良くはなっていると思いますよ”

私 ”思いますよじゃなくって~MRIでしっかり診てよ<心の内”

Dr”転移した肝臓癌に関しては(これはややっこしい画像ではない)無くなっているね”

私 なんだかあまり手放しでは喜べない雰囲気を察知してDrの真意を探るまなざしを向ける

Dr 腫瘍が何ミリ大きくなった小さくなった、転移癌が消えたなどと言うことで一喜一憂せずに、今Yさんはとても良い状態に持ってこられていることは確かです。こういう時にご主人と海外旅行に行かれたり、好きなことをいっぱいなさることがいいのではないでしょうか?

私 抗がん剤今のジェムザール単剤投与よりはTs-1と併用された膵臓癌末期の方達が腫瘍もすっかりなくなり手術をなさって余命を延長している話を散見しますが、如何なものでしょうか?

Dr ”確かに学会レベルではそのような症例は何件か発表されていますがこの病院ではやっていません。
勿論Yさんがアグレッシブに攻めて手術をなさりたいとお考えでしたら出来なくはありませんが、今は少なくともそのような時期ではないです。
そして手術は大変体に負担をかけるものとなるので…

そうなんだよね…
末期でも余命は余命であって余命のなにものでもないけれど、時間がもう枠に入っていて、その中で自分らしい時間を使うこと 
それをこのCTの評価を聞きながら再認識させられた

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック