今年最後の消化器内科の診察

午前 DR GOD HANDsの診察

あらかじめ撮っておいたCT、血液検査‥トータルで診ていただいた。
今回は腫瘍マーカーは若干の↑、CT評価は問題視されている部分(肺、腹部、肝臓、膵臓、リンパ)全て著変無し 
この元気だったら腫瘍マーカー顕著に上がった場合はアブラキサン、ジェムザールなどで治療の選択肢もあり。
まだまだ頑張れそうだ。DRの言葉が何よりも心強い励ましだ。
信頼度120%、素晴らしい医療を受けている 感謝

午後 主治医の診察

入院当初の癌の悪性度から診れば余命1年足らずが真相だったみたいだが、ここまで命を引っ張ってこれたのはただ感謝 喜びを あなた(イエス キリスト)に伝えます<サインダンスの歌詞

DR GOD HANDSとほぼ同評価、若干の腫瘍マーカーの上がりには、私の場合は軽い副作用(涙と鼻水が一日中)だけなのでTS-1 隔日投与100mg/日から120mg/日増量で対処。

私がこの2年間の闘病で感じた体の声を代弁すると

癌の勢いを押さえ込むには抗癌剤しか効かない
統合医療の重要性

生かされていることに感謝の日々です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック