近況

2015年10月から更新が出来なかった。
あまりに色々なことがあって日々の時間との格闘?をしていた。

2015年10月に大学病院の治験でHIFUを2回受けた。
一回目から奇跡が起きる。
私は胆管に15センチのメタリックステントの処置をしていただいてある。
すい臓がんのある場所は膵頭部、この理由からHIFUは癌の端っこ、一部分の照射から始まったのだが、DRの話では始まった瞬間から全体の癌の色が変わったそうだ。

なので予定されていた2回目の照射は短時間で済ませたそうだ。

2月12日の大学病院でのCTであの15cmのメタリックステントが無くなっていて大騒ぎ。
癌自体が無くなったのでステントが必要なくなり、自然に排出された模様。

DRまさにHIFUをしたタイミングが良かったと喜んでくださった。


しかし私のステージはⅣbなので全身に回って残っている癌には抗がん剤が必要。

TS-1には耐性がついてしまったので初回治療薬ジェムザール80%3週投与、1週休みで経過をみることになった。

ここからが入退院の始まり。腫瘍マーカーは順調に下がってくれたのだが、体が立ち行かない。
この標準投与が出来たのは2クールだけ。
後は醜い骨髄抑制の為、入退院3回。

さすがに3回目の撃沈にはCRPが高価、倦怠感、高熱、食欲不振を改善すべく、治療としては点滴で2回ほど栄養点滴をしたが、後はひたすら口から常食を食べ続け、エレンタールも一日3回の毎日。

入院して2週間ほどは低栄養の改善、骨髄抑制の改善に費やし、最後の1週間は少しジェムザールの%を落として投与間隔も考慮して経過観察。

このやり方でひとまずQOLが確保されている状態だ。

8月4日は運命の日でこの投与方法で病気がどれだけ落ち着いてくれるか?腫瘍マーカーでの判定の日。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック