枝葉の事?

私の病気の基幹病院は国立病院機構下志津病院、この病院はリウマチ疾患の病院としても有名で、他県からもたらい回しにされた患者達が推薦状片手に押し寄せてくる、その結果予約していても実際に診ていただけるのは2~3時間後、時々DRと患者の間で口論にまで発展してしまうこうなってしまうのは腕の良いDRがいるからなんです。このことが良いのかOR NOT 予約日には一日がかりを覚悟しての通院。
そして病気の中度から重症者に必ず投与されるのがステロイド。この薬、もろはの刃で投与の仕方がとても難しい、長期ステロイドを投与されていると副腎が機能を止めてしまう。なのでステロイドを欠かさずのみ続けなければと言う宿命を背負い生きていく事になる。でも昔はこのステロイドの投与方法が暗中模索状態だったのでSLEの5年生存率が50パーセントと言う有様。しかし現在はステロイドとエンドキサン(抗がん剤)ヘパリンなどのカクテル療法で生存率が98パーセントにまで飛躍的に改善されてきている。私もこの病気とのお付き合いも10年を越した所まで来ているがおかげさまで奇跡の元気さで生活している。

ところが…
がこのステロイドは強烈な副作用があり、10年を過ぎる頃から効きが悪くなる代わりに色々な悪さを醜くなってくる。
私の入院同期の桜組み4人(私を含めて)それぞれ脳梗塞、肺癌、血管炎、膀胱癌、圧迫骨折などのたくさんの病名がつき入院してしまった。
こんな状態でも基幹病院はそれぞれの訴えを枝葉の事と考えて膠原病事態の把握以外は最低限の消極的治療にとどまっているのが現実である。確かに病気を抑えていただいている事は生き続けるのには必須な事だけど、副作用で苦しんでいる体も同じ体。皆の助けてが聞こえてくるような気がしてならない。

私はステロイドの副作用で肉離れで難儀13日間も痛みと闘っていると、凹む事歪めない
新しい治療方法PSTに祈りを込めてルアムルディーにあるPSTセンターに行ってきました。
画像


そして私は体験しました。奇跡を☆理論的にはルソーの自然に帰れではありませんがそんな事を感じられる療法です。痛んでいる筋肉を元の場所に置き直す療法とでも言いましょうか。その治療の際のなんと心地よい事。治療をしていただく前は靴下を脱ぐのも大変だったのに施術していただいた後はすっと何の痛みも無く履けたんです。
圧迫骨折で一年間激痛と闘った父、あまりの痛さに気丈な父が「もう生きていたくない」との言葉を聴いたときにはどんなに心が痛んだか知れません。
痛みをとってくれるクン モー(お医者さんの事)本当にありがとうございました。


そして治療の後の注意書き
無痛ゆらし療法(PST)をお受けになられた方へ

 1.PSTは効果的に筋肉を暖めます。筋肉が暖まると無意識に身体の動きが大きく伸びやかになりますが、その影   響で筋肉疲労が出る事があります。施術後は無理なくリラックスしてお過ごし下さい。
 2.押さない・揉まない・叩かない。身体をやさしくしてあげることが筋肉をゆるめ、内臓の働きを高めます。強い刺激   を避ける事で長期に渡る施術効果が期待できますので、ハリやコリを感じても押さないようにしてください。
 3.水をよく飲み、入浴しましょう。
 4.椎間板や半月板などの関節軟骨が損傷しているような場合、その場での痛みの変化が少ない事があります。こ   れは組織そのもの自体が壊れているためで、一定の回復期間を見込みながら痛みを解消していきます。組織    の損傷であっても新陳代謝を促進することで回復する例が多数ございますので安心してお任せください。
 5.不安や疑問は時に回復の妨げになる場合があります。どんなことでも遠慮なく担当施術者にご質問下さい。

施術を受けて一日経ったが痛みがなくなっている。水中歩行も生活に取り入れて元気に?リハビリに取り組んでいる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yae
2010年11月02日 08:15
痛みの軽減、良かった。無理せずほどほどの生活も悪くないよ、きっと。普通の55歳に比べても運動量は多すぎの気があります。境に新しい冷蔵庫と洗濯機がきて、快適に使ってるようです。12月に見にいこうね。
NON
2010年11月06日 21:38
12月に会えるのかな?楽しみにしてます

この記事へのトラックバック