1泊2日次男宅へ外泊

2017年2月23日(木曜日)

21日、22日と念願だった次男宅へ外泊して来た。
癌の末期中の末期になってから、初めは長男宅で11日間過ごし、食欲不振と腹水で再び大学病院を受診。
腫瘍マーカーも35000と何時何処でどうなってもいいおかしくない数値を叩き出し、疼痛、苦痛緩和で再入院。そんな私が最後に掲げた目標が私の為に部屋も、介護ベットも、椅子も用意してくれている次男宅に一回は行きたいということだった。
自分で自分の体を持て余している状態、果たして迷惑をかけずに外泊出来るだろうか?

次男宅に到着したら、しばらく経ってお嫁ちゃまのお母様が顔を見せに来てくださいました。
尽きぬ話、お世話になりっぱなしの私ですが…(^^)有紗をいっぱい いっぱい愛してくださりお母様、お父様、りょう君ありがとございます。

画像

画像

画像

画像

はい 一升餅背負って見事に立ってます。

次の日は親友三枝子さんが河津桜を見せに連れて行ってくれました。
あなたが会いに来てくれただけでも嬉しいのに当たり前の顔してあなたの車の助手席に座り笑顔の私。
画像

そしてあなたが用意してくれたご馳走で宴会です。
画像

夢は叶うんですね。
嬉しかった、楽しかった、生きててよかった。
すごく苦しい毎日だけど、心から生きてて良かったと思える私がいる。

実は左の太腿が急に感覚が無くなった。
心配したって仕方ないけど、歩けなくなったら困るな。
神様にお願いしてみよう。

"1泊2日次男宅へ外泊" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント