テーマ:母の癌

美人さん’s

やってきました。 待望のの集い 皆、その時その時の個々の状況に対応した選曲 くまモン の歌をマスターしたかったけど、結構難しいね みんなといつまでも一緒に楽しみたいなぁ~ 家に帰るとポストに一枚のはがきが 父からだった のり子 体調いかが さくらが満開なのに、あまりに思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月のメモリー

散歩の途中、節目がちに歩いていたのに、ふと立ち止まり空を見上げると煌煌と冴えわたる月が目の前に            号泣<母は月が好きだった… 帰り道はさぞかし傍目には変な人だったと推測される サングラスは掛けていた物の顔は泣き顔で河童状態 まだまだ私の心の中には母の居場所でいっぱい この前はやはり散歩の時私の傍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏合宿 ホスピスにて

母は2013年1月24日の明け方、吐き気と腹痛に我慢が出来なくなり救急車で日赤に運ばれ、終末期を癌性腹膜炎による腸閉塞でそこの病院で治療を受けることになった。日赤では取り合えずポートを作り高濃度輸液をそこから流し栄養を確保、少しでもお腹が開通する為の処置を試みて下さった。 2月22日日赤を退院 同日聖ヨハネホスピス桜町へ転院となった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後で聞いた話だけど 母の夢 2013年5月12日

2013年5月12日 母の日 兄弟三人が揃って母の日をお祝いしようと現在母がお世話になっているホスピスへ向かった。 午前中は電話口で元気に話が出来た母だったのだが、午後に行ってみると高熱が出て悪寒で小さくなってしまった体をブルブル震わせて意識が朦朧としている Drの話では何かに感染して菌が入ったので抗生剤で抑えているとの事 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れるだけ頑張ろうね

現在 母はホスピスに居る。 2012年一年間卵巣癌と闘ったけど… 母の闘病と付き合ってきた私、その間に癌関係の資料を沢山集めていた。 ゲルソン療法、サプリメント、気功 など等 生憎母がお世話になっていた病院は国立がん00000-は、標準治療だけをしてください。 その様な事をおやりになりたい時は他の病院に行ってください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外泊

実家に舞い戻ってすぐに母の待つホスピスへ 昨夜 失禁してしまったようで初めてのことだったので精神的ショックが大きかったらしく心身ともに弱っていた。 母の明日の外泊を含めて話を伺う
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝 初外来

大学病院へ抗癌剤治療に行く 実家を7時9分のムーバス       ↓ 病院8時到着        ↓姉に連れて来てもらう 再来機  ↓ 4階 中央検査室 採血  ↓ 消化器内科 → 白い箱 → 処置室へ 姉のご主人が仙台から出張で東京へ 母のホスピスへ見舞ってくれた 有難うございます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父と母の会話(ホスピスにて)

熱無し、今朝氷点下だと言うので散歩は中止。 午前中姉とイトーヨーカドーで買い物 自転車→なごみ薬局 午後母のお世話になっているホスピスへ父を連れて行く 明日の外来に備える [ホスピスにて] 父 「日本酒を少し飲んだら長が活性化して動くんじゃないかな?」 母 「私の場合は癌で動かなくなっているので駄目なんですって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェムザール4日目

熱36度7分 今日は母が日赤から桜町ホスピスへ転院の日だ。 昨日からの下痢がまだ続いていたので今日はサプリメントは中止してミキプルーン+蜂蜜+レモン、癌に効くお茶を飲みゆっくり過ごしている。Syukoさんと午前中いっぱい話しが出来たよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆嚢炎 胆管炎

昨夜は良く眠れたのにもかかわらず朝起きてベットから起き上がろうと思った途端 激痛 おトイレに行こうと思ったが断念 YOSHIDA看護士さんにお世話になった 本当に辛かった 昨日よりは今日、今日よりは明日と少しずつ痛みが治まってくれるのなら良いのだけど、その気配なし 7時15分前にオキノームを飲む 8時まで効かなかった 痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の入院

ロキソニン処方 AM6:00 ~PM14:00 ~PM22:00 父にやよえが居ないって起こされちゃったよ(TT)朝5時頃の出来事 父は急な母の入院で頭が混乱してしまっている 本当は年の差が10歳離れた夫婦なので必ずしや若い母が父を看取ってくれると信じていたのだが… 現実を直視したくない事実 私は朝はそれなりに動けたがお昼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母 緊急入院

午前11:00ケアーマネージャーのMさんとヘルパー長のHさんが訪問 母と父の一ヶ月ごとの介護保険の確認&更新&変更 今回母の急な入院でいままで母の介護保険を使ってヘルパーさんたちをお願いしていた分を父の介護保険対応で通常のヘルプを継続していただけることになった (介護保険はあくまでも在宅の介護者の為のサービスなので在宅していない母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退院後

実家にて 昨日Masaki君が薬を届けに来てくれた時に母の具合が悪そうだった 寿司飯なら食べられそうだと宗門をしてみたもののかんぴょう巻きを一口食べて目を白黒させている おいなりさんも一口 卵も一口 にんじんジュースを飲むのがやっただった         そして 私が退院して、実家にお世話になったその次の日の朝方、母は午…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

降りてきました 何が???(-.-)y-゚゚゚

10月28日に行われた太極拳の試合本番 指定された自分のポジションにつき42式太極剣 いよいよ起勢 先ずは1コート3人の争い、私以外は、タイのその道のベテランさん達_(._.)_ その人たちの胸を借りていざ出陣 っと 降りてきました  荒城の月  春高楼の花の宴 巡る杯 影さして 千代の松が枝 分け出でし 昔の光 今いづこ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タブレットは難しい?!

さっき沢山書き込んだ近況がタブレットでの画像のアップロードをした途端にオジャンになってしまった これからは、この場を借りて姉と今介護している両親の様子などをアップしようとしているのだが、何とかならないのかな?タブレットでのキイタッチ 気を取り直して… 今日の父 痛み止めを飲まなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな物 大地 そして剣

7月14日にたった一月だけの夢のバンコク生活に別れを告げ一路日本へ 7月17日の母の抗がん剤治療のヘルプを頼むの兄弟達からのメッセージを受け…<介護とは手のあいている人のやるお仕事?17日から8月8日まで両親のお世話、いやむしろ介護と言ったほうが本当かな?の為東京暮らしを続ける。88歳になる父は母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ母 頑張れ父 頑張れ自分 ☆ バンコクにて

現在主人の待つバンコクに舞い戻り6ヶ月間主婦不在の穴埋めをしている。タイカルチャーセンターからオンヌットのcondominiumに転居して何ヶ月も立たないうちに日本へ帰ってしまったので、お借りした真っ白な部屋もしくはキッチン、バスルーム等が埃と油にまみれ(自分で食事を作っていたと自慢していた主人)で黒くなっていた。{%ふらふらdocom…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ母☆ 頑張れ父☆ 頑張れ自分☆ Part4

去年の12月14日に日本に帰ってきた私。去年のタイの洪水騒ぎで楽しみにしていた太極拳の表演会やら試合がすべてキャンセル。やれる時にやるがSLEと言う病名がついてからの私のモットーだったが、さすがに自然災害には勝てず孫のRui君が入院治療をするという事を聞き30日帰還のチケットを14日に変更してのものだった。 無事にRui君の入院治療も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ母☆ 頑張れ父☆ 頑張れ自分☆

母は要介護3の夫(87歳)のお世話を一生懸命してきた。 それこそ雨にも負けず、風にも負けず… 今年の3月で結婚60年。 8 12 18 これって何を意味する数字かわかるかな? 60年間の夫婦の軌跡、母はこの数字に縛り付けられて?一日を駆けずり回っていたっと言っても過言ではない? 朝食 8時  昼食 12時  夕食 午後6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ母☆ 頑張れ父☆ 頑張れ自分☆ Part3

東京医科大学病院のお陰で母の病気が原発不明癌から徐々に卵巣癌 or not?お腹の腫瘤の生検から粘液性腺癌が見つかり、その流れから国立癌研究センター中央病院にお世話になることとなった。 東京医科大学病院でありとあらゆる検査をしていただいたので病気判断の手札は国立癌研究センター中央病院ではほとんど揃った状態。念のための癌センター独自の検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ母☆ 頑張れ父☆ 頑張れ自分☆ Part2

西新宿にある東京医科大学病院、千葉県からHELPに来ている私はまるでおのぼりさん状態。東京の一等地に聳え立つこの病院は半端ではない機械化、効率化でもベースにあるのは医療に携わるものの凛とした優しさ そして2月2日よりスーパーDR MrI ,Mr.T達医療スタッフ達のチームに母を委ねることとなる病院となった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ 母☆ 頑張れ父☆ 頑張れ自分☆part1

去年の12月の老人健診でお腹の腫瘍をホームドクターから指摘され、すぐにホームドクターの指示により日赤へ走った母、そこが今回の母の病気の出発点だった。日赤ではこのような症例は総合診療科のテリトリーでその日のうちに血液検査やCTなどを採り1月11日の検査結果を待つ。 生憎大晦日からお正月となだれ込む様な日本の定例スケジュール、心落ち着かぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more